就職氷河期は何故起こったのか?

流行語にもなった就職氷河期とはいったい何?

バブル崩壊とともに始まった就職氷河期

日本の雇用の慣例

就職のしやすさを示す有効求人倍率は一般的に経済状況に左右されます。
就職氷河期が始まった一番の原因は、景気の低迷により企業が新卒採用枠を狭めたことです。その結果として有効求人倍率は落ちていきました。
この数字が示すものはあくまでも結果にすぎません。

ここから先で紹介する氷河期の原因は、わが国の雇用慣例がもたらしたものです。
一つは新卒採用主義です。
新卒の学生は一般的に他企業の経験に乏しく先入観が少ないのが特徴です。
企業の社風に溶け込みやすい人材を選ぶことは企業側に有利です。そのため新卒主義はなかなかなくなりません。
さらに、年一度の新卒一括採用の期間に病気ないし留学中の学生にとっては内定の機会が激減します。この慣例が、就職氷河期に正規雇用に就くチャンスを少なくしました。

なるべく避けたい「ミスマッチ」

日本の就職慣例で目立つもう一つの要因は終身雇用制度です。
新入社員に同タイミングで社内教育を受けさせるとコストが低く済みます。

氷河期の当時は会社との相性の悪さによって短期間で退職する例も目立ちました。これは雇用のミスマッチが原因です。
就職難であったがために、自分にピッタリな会社を見つけることよりも内定を取ることを重視する学生がいました。
早期に退職した氷河期世代の再出発の道、つまり定職に復帰する機会は非常に少なかったためにもったいない選択です。

雇用のミスマッチ問題は現在でも起こりえます。その対策として、まずは志望する業界の研究から始めます。
一度に多様な業界に応募したり、面接で嘘をついたりすることはおすすめしません。
業界の選択理由は特によく聞かれやすい質問です。なるべく正直な話をすることを心がけましょう。


この記事をシェアする